新しい技術のお知らせ

デジタルレントゲン

 デジタルカメラが普及し、カメラはフィルムが不要になってきたように、レントゲン撮影でもデジタル化が進んできました。当院でもレントゲン装置のデジタル化を行い、X線の被爆量が従来の装置より80パーセント以上低減されております。デジタルセンサーにより電気的に画像処理を行いますので、現像には化学薬品を使用せず、環境汚染の低減に貢献しております。

 パノラマX線断層撮影もデジタル化をしており、すぐにモニターに表示できますので、迅速な病状の診断や患者様への説明に役立っております。

 


MiCD  (Minimally invasive Cosmetic Dentistry)

 MiCDとは、虫歯に侵された部分の削り方を工夫し、天然歯をできるだけ残すように審美的に治療する方法です。虫歯の治療で歯に詰め物をするには、虫歯の大きさや程度によりさまざまなものを使用します。 
 治療回数を減らし、患者さんのストレス軽減に役立つこの治療は、小さな虫歯の治療に限られます。 くれぐれも虫歯は放置せず、痛くないうちに早期治療を受けてください。保険治療適応です。

 治療器具も小型で取り扱いが非常に軽快になりました。充填物(歯に詰めるコンポジットレジン)も日進月歩。症例に応じた製品を使用しております。

 非常に微細な治療を行いますので、拡大鏡を使用した施術を行います。